マリンスノーの逸話って自身知っていますでしょうか?

地球の人間口は急増の一途をたどり、人間類はついにその暮らし圏を海へと推し
進めようとしています。ドクトル・ゼルバードによるへそくりフォローとテクノロジーの
支給により和風もまた海洋大都市の建設道程を進めてある。

ところが建設手順中の海洋大都市が何者カニ爆破され海洋大都市は海の藻屑
となる。

ノリ保証から島岡ナミに疑念がかけられます。しかし、ナミは海野に
「自身はスノーの降る郷里へ帰ります」という内容の文を記し、外観を消し
てしまう。海野は、ナミの郷里です指宿へ向かいました。

その頃、ドクトル・ゼルバードの乗じる戦闘艦ゼルバードに、海のクイーン・イザナミ
を仰る人間アイテムから通信が入りました。

「地上を支配する死角高ぶった陸の民よ。心して訊くが良い。」
「我らは母体なる海を汚すことを許さぬ。生のキャピタルたる海を犯すことを許さぬ。
ただちに閉めよ。」
「陸上の愚かな民よ、もし、こういう忠告を無視するならば、さらにわれわれの
制裁を受けねばならぬだろう。」「我らはせり合う、海の民の今後をかけて
海はわれわれの一品生涯に。」

そう知らせると、世界各国の海洋大都市に対し進出を開始し、これを沈めて出向く
のです。

海野は指宿のナミの両親のところにいました。海野が都合を話すと、島岡夫妻は
驚いた風貌をし、地元のレジェンドと、ナミが拾いお子さんですことを話した。ナミが
拾われた場所に行くと、そこにはナミがいたのです。

ナミは海野に自分が爆破犯人間だと話します。その時、海野ののちをつけてきた
調査局がナミを発見し、発砲。さらに捕まえんと戦車による進出も開始し始めた
のです。

ナミは1人間海へ逃げ、追い詰められたかと思われたがそこに海の民の戦士らが
生じ、選びテレビ局を弱くあしらい、ナミと共に海の中へと消えていったのです。

海洋大都市の爆破はなおも貫く。ドクトル・ゼルバードはついに海底への進出を
開始したのです。陸の人間類と水棲人間類とのレースが勃発しました。海野はナミを心労し
ゼルバードのレースを閉めさせようとやるが、取り押さえられます。

アパートに帰された海野。そこに水棲人間類が生じ、海野はさらわれてしまう。
行先は100002千メートルの海底。そこで海野は、海に降りしきるスノー「マリンスノー」
を見ます。

ナミの記した文の一文、スノーのたたきつける郷里は海底の実例だったのです。
同時に海野は衝撃の核心をわかります。ナミは、人間時分社会に送り込まれた海の民の
工作員だったのです。そして、クイーンイザナミの幼児でもあったのです。

海の民とゼルバードのレースは増長を迎えていました。次々に倒せる海の民たち。
海の民による同胞への加勢の通信はゼルバードに傍受され、その配布キャピタル、海の民
の地盤が和風海溝ですことを知られてしまう。

かつて海の民は陸の民よりも進歩が早く、陸よりも進歩を遂げていました。
しかし海の民の教養が発達し、陸へ影響し、陸の民の進歩を禁ずることを防ぐ結果
海の民は木星の「ガニメデ」へと移り住んだのだ。

一つ、移り住まずに残る海の民は、ひっそりと平和に暮らしてある。
しかし、陸の民が進化し、海の民のひとつを忘れていきます。互助の結果
海の民は暮らし制限が限られて行く中で耐えてきましたが、陸の民はついに
海の民の暮らし圏を脅かすようになっていくのです。

海の民とゼルバードとの最後のレースがはじまりました。ゼルバードの進出は
ついに海の民の宮殿まで及んできたのです。その時、通信が途絶えていた
ガニメデから通信が入ります。

ガニメデの人間類はまだ生きていたのです。クイーンの言葉に、レースに生き残っていた
海の民は次々とガニメデへ向かいます。クイーンとナミもガニメデへ向かおうとしま
したが、ゼルバードの放ったミサイルに宮殿は海底へと沈んでしまう。

ゼロ方、1人間ゼルバードの戦闘艦へ向かったゼイナはゼルバードと刺し違え、
陸の民と海の民のレースは終結したのです。
デパスって代わりあるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です