推奨写真は実はサスペンスが多くなってしまっている形態

昨今僕が見て面白かった写真は「バタフライ・エフェクト」だ。あまりマスではありませんが、webの評定が高かったのを見て、レンタルショップで借りて見てみました。1?3まであるのですが、webの評価街、興味深いのは1だけで、他は本当につまらなかっただ。ジョークバレになるが、ダイアリーを通じて過去に戻れる才能を手に入れたメイン人間世間が、自分の代々を修正して、赤い糸を変えてしまう話だ。しかし、その影響によって予期せぬ現象が巻き起こり、必ずしも幸福な成行とはなりませんでした。メイン人間世間はさらに過去の改定をし、最終的にはヤバイ結果になってしまう。過去に手を加えることが、自分の予想だにしない別の現象を引き起こして行くくんは圧巻だ。最後は哀しい成果となるが、色々と考えさせられることが多い品物でした。品物のタイトルにもある「バタフライ・エフェクト」とは例えば蝶が羽ばたくといったような僅かな段取りでも、他の大きな思い出(例えば竜巻など)に段取りが起きてしまうのか。といった学説だ。たとえ少しの段取りでも、思わぬところで大きな影響が出てしまう事は、生活でもよくあることかもしれません。酷い表現なども無く、わかりやすい造りになっていますので、まだご覧になっていない方には善悪おすすめの一本だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です